大規模災害時の災害査定の効率化について

 

大規模災害時の災害査定の効率化について

 

  大規模災害発生時に、被災施設の早期復旧を促進し、被災地の早期復興をより一層支援するため、農林水産省及び国土交通省において、平成29年2月、激甚災害指定の見込みが立った時点で、災害査定の効率化の内容を適用できる「大規模災害時における査定方針」が策定され、平成29年災から運用開始しています。

   本査定方針の内容について、施設の管理主体である地方公共団体等がより理解を深め、実務に即した運用が可能となるよう、本省から地方に赴き、三省合同(財務省、農林水産省及び国土交通省)で説明会を平成29年度から毎年実施するとしており、令和元年度も引き続き実施しました。
  令和元年度の九州ブロックにおいては、5月9日(木曜日)に大分県大分市内で開催されましたので、その説明資料についてお知らせします。

 

【説明資料は下記より閲覧・入手可能です】

<参考>大規模災害時の災害査定の効率化の概要について

→リンク先 http://www.mlit.go.jp/report/press/mizukokudo06_hh_000045.html