街路事業

街路事業とは

都市施設※1として都市計画された道路(都市計画道路)都市計画法第59条※2に基づく認可または承認を得て実施される都市計画事業※3

※1都市施設(第11条1項)
道路、都市高速鉄道、駐車場、自動車ターミナル
その他の交通施設

※2都市計画法(第59条)
都市計画事業は、市町村が、都市道府県知事の
認可を受けて施行する 

※3都市計画事業(第4条)
都市計画法第59条の規定による認可又は承認を受けて行われる都市計画施設の整備に関する事業及び市街地再開発事業

街路事業の目的

  • 都市における円滑な交通の確保
  • 豊かで公共空間を備えた良好な市街地の形成
  • 安全で快適な都市生活の実現
  • 機能的な都市活動の支援
  • 都市における収容空間の確保
  • 市街化の誘導など

H24年度の県内での事業箇所

県事業(県道153号線等)

市町村事業

那覇市(龍潭線等)、浦添市(神森線等)、名護市(大北大西線等)、糸満市(川尻親田原線)
沖縄市(安慶田中線等)、豊見城市(饒波川線等)、うるま市(石川西線等)、西原町(東崎兼久線)
南風原町(宮平学校線)、石垣市(二中北通り線等、)宮古島市(下里通り線等)