地域優良賃貸住宅制度

目的

公営住宅を補完する公的賃貸住宅制度(特定優良賃貸住宅・高齢者向け優良賃貸住宅)を再編し、子育て世帯等各地域における居住の安定に特に配慮が必要な世帯に施策対象を重点化し、整備費助成及び家賃低廉化助成を通じて良質な賃貸住宅の供給を促進する地域優良賃貸住宅制度が創設された。

整備費助成

特区優良賃貸住宅又は高齢者向け優良賃貸住宅として供給計画の認定を受けた賃貸住宅のうち、入居者資格が所定の範囲内で設定されているものについて、整備に係る費用を地方公共団体が事業主体に補助する場合、国は地域住宅交付金等により地方公共団体に対して助成を行う。

家賃低廉化のための助成

地域優良賃貸住宅に、対象世帯が入居する際に、地方公共団体が供給計画の認定を受けた事業主体に対して家賃低廉化のための補助を行う場合、子には地域住宅交付金等により地方公共団体に対して助成を行う。