暮らし・にぎわい再生事業

衰退し、利便性の低下した中心市街地において、公益施設(医療施設、社会福祉施設、教育文化施設、地域交流施設等)を含む建築物の整備等を支援することにより、いきいきと生活できるまちなかとして再生する。

対象地域:認定中心市街地活性化基本計画の区域

交付内容

○都市機能まちなか立地支援(公益施設の新築に対する支援)
設計費、土地の整備費、供用通行部分整備費、立体駐車場整備費
賑わい交流施設(図書館、多目的ホール等)整備費 等

○空きビル再生支援
設計費、土地の整備費、供用通行部分整備費、立体駐車場整備費賑わい交流施設(図書館、多目的ホール等)整備費 等

○賑わい空間施設整備(広場の整備に対する支援)
設計費、建築物除去費、公開空地整備費 等

○計画コーディネイト支援(計画作成等のソフト活動の支援)

H24年度の県内での事業箇所

H24年度の県内での事業箇所はありません。