沖縄におけるカーボンニュートラルポート形成に向けた懇談会

設立趣旨

●我が国は、令和2年10月に「2050年カーボンニュートラル」を宣言し、令和3年4月には「2030年度に、温室効果ガスを2013年度から46%削減するこ
と目指す」ことを表明しました 。
●「2050年カーボンニュートラル」を実現するためには、物流・交流拠点であるとともに、エネルギー関係企業や製造業等の多くが立地する産業拠点で
ある港湾において、脱炭素化に配慮した港湾機能の高度化等を通じて温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする「カーボンニュートラルポート
(CNP)」の形成に取り組む必要があります。
●上記を踏まえて、沖縄の港湾が目指すべき姿、取組の方向性等について議論を行い、沖縄の脱炭素社会の実現に貢献するため「沖縄におけるカーボン
ニュートラルポート形成に向けた懇談会」を設置します 。

開催状況

第1回 沖縄おけるカーボンニュートラルポート形成に向けた懇談会(令和3年8月10日(火))
議事次第
沖縄におけるカーボンニュートラルポート形成に向けた懇談会 参加者一覧
議事概要