「おきなわスマートモビリティチャレンジシンポジウム」

 沖縄総合事務局 経済産業部では、MaaS等を活用した新たなモビリティサービスに関する情報や課題、社会実装に向けた取組み事例を発信し、新たなモビリティサービスに対する理解を深め、各地域の支援を広げることを目的として、シンポジウムを開催します。

 シンポジウムでは、基調講演のほか、先進的に取り組む新しいモビリティサービスの事例や、沖縄県内での実証事業の紹介、パネスディスカッションを行います。

開催日費・方法

【日時】令和4年3月4日(金曜日)13時30分から16時30分

【開催方法】オンライン開催(Teams利用)

【参加費】無料

【定員】200名(先着順)

【申込締切】令和4年3月1日(火)まで※

 ※申し込み多数で定員に達した場合、申込みを締め切る場合がありますのでご了承ください。

プログラム

■あいさつ 沖縄総合事務局 経済産業部

■基調講演

合同会社MoDip 代表 諸星 賢治 氏

『「as a Service」の概念を意識したMaaSとは』

■事例紹介

・(仮称)西日本鉄道株式会社におけるmy routeを活用したモビリティ展開

西日本鉄道株式会社 まちづくり・交通・観光推進部 課長 阿部 政貴 氏

・沖縄県北谷町『北谷観光MaaSプロジェクト』

ユーデック株式会社 執行役員 長澤 将臣 氏

・沖縄県名護市『名護MaaS実証実験「名護スイスイ旅」の取組み』

パシフィックコンサルタンツ株式会社 交通政策部 都市マネジメント室長 和田 裕行 氏

 

■パネルディスカッション

・沖縄エリアにおけるMaaSを活用した観光振興・公共交通利用促進に向けて

モデレーター 琉球大学 工学部 工学科社会基盤デザインコース 准教授 神谷 大介 氏

申込み方法

https://questant.jp/q/okinawa_maas

にアクセスいただき必要事項を記載してください

※登録完了後、数日以内で登録メールを差し上げます。

なお、申し込み多数で定員に達した場合、申込みを締め切る場合がありますのでご了承ください。

問い合わせ・申し込み先

(事務局)パシフィックコンサルタンツ株式会社 交通政策部 都市マネジメント室

担当/田代・竹本・長尾 電話/03-6777-4463