令和3年度沖縄地域エネルギー・温暖化対策推進シンポジウムを開催します

 エネルギー政策については、2021年10月に閣議決定された「第6次エネルギー基本計画※」に基づき、2050年カーボンニュートラルに向けた長期展望と、それを踏まえた2030年に向けた政策対応により、今後のエネルギー政策の道筋を示す取組を進めているところです、また、地球温暖化対策についても、2050年カーボンニュートラルの宣言を受け、2050年目標と整合的で、野心的な目標として、2030年度に温室効果ガスを、2013年度から46%削減することを目指し、さらに、50%削減の高みに向けて挑戦を続けていくことが表明されました。

 こうした状況を踏まえ、内閣府沖縄総合事務局、環境省九州地方環境事務所は、沖縄地域におけるエネルギー・温暖化対策に関する施策の周知や取組をより効果的に推進するとともに、地方公共団体をはじめ地域の地球温暖化対策に関する自主的な取組を促進するため、「令和3年度沖縄地域エネルギー・温暖化対策推進シンポジウム」を以下のとおり開催いたします。

 当シンポジウムでは、今後の地球温暖化対策の動向やそれを含めたエネルギー政策の動向及び沖縄地域における取組、今年6月に取りまとめられた「地域脱炭素ロードマップ※」においての脱炭素先行地域づくりや重点対策等及びを広く県内に周知するため、今後の沖縄地域のエネルギー温暖化対策について広く国民の皆様に関心を持っていただくことを目指しております。

開催概要

1  開催日時: 令和3年12月9日(木) 13:30~16:00

2  参加方式: 会場とオンラインによるハイブリッド開催

 ・会場: 沖縄県立博物館・美術館 博物館 講座室(那覇市おもろまち3丁目1番1号)

   ・オンライン: Microsoft Teams 

3  定   員:  会場: 約50名程度(事前申込制/先着順)   オンライン: 制限なし

4  講演内容

 (1) エネルギー政策の現状について(仮)
 《経済産業省資源エネルギー庁》

 (2) 地域脱炭素ロードマップについて(仮)
 《環境省》

 (3) 沖縄県クリーンエネルギー・イニシアティブについて(仮)
 《沖縄県》

 ~特別講演~
 (4) 気候変動影響と金融・保険業の取組について
 《国立環境研究所 気候変動適応センター 気候変動適応推進専門員 砂川 淳氏》

5  参  加  費: 無料

6  主   催: 内閣府沖縄総合事務局、環境省九州地方環境事務所

申し込み方法

以下の参加申込書をダウンロードしてご記載いただき、以下のメールアドレスまたはFAXでの送信をお願いします。(事前申込制)↓↓

参加申込書(Eメール・FAX共通)(word形式:21.8KB)

○Eメールアドレス:oki-energy[at]meti.go.jp([at]部分を@に変えてお送りください)

○FAX番号    :098-860-3710

 申し込み締切: 12月6日(月)

※オンライン参加者用の資料は、参加用のアドレスを送信する際にメールにてお送りします。

新型コロナウイルス感染症対策

 <会場運営>
 ・他の参加者と十分な距離を保つ座席配置をいたします。
 ・休憩時間に換気を実施いたします。

 <参加者へのお願い>
 ・当日はマスクの持参および着用をお願いいたします。
 ・受付での検温および、入退場時の手の消毒にご協力願います。
 ・体調不良および検温にて37.5℃以上の方、新型コロナウイルス感染症陽性とされた方との濃厚接触がある方、2週間以内に海外渡航歴のある方の入場はお断りさせていただきます。

※新型コロナ感染拡大等の非常事態が生じる又は懸念が拡大した場合は、オンラインのみの開催とします。

参考

※第6次エネルギー基本計画 (令和3年10月22日閣議決定)
https://www.meti.go.jp/press/2021/10/20211022005/20211022005.html

※国・地方脱炭素実現会議(地域脱炭素ロードマップについて掲載)
https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/datsutanso/index.html

本件に係る問い合わせ

内閣府沖縄総合事務局経済産業部
エネルギー・燃料課(大城、屋冨祖)
TEL:098-866-1759