象牙製品又はタイマイ等の甲等の売買を行う業者の皆さんへ!

平成24年6月

絶滅のおそれのある野生動物の種の保存に関する法律(平成4年法律第75号。以下「種の保存法」という。)に基づき、象牙製品又はタイマイ等の甲等の製造・売買を行う際には、あらかじめ届出や登録が義務づけられていますので御注意下さい。

内閣府沖縄総合事務局では「種の保存法」に基づく届出のうち小売業者の方を対象に以下の手続きを行っています。

手続き方法、届出書の書類はこちらから入手可能です。

※全形を保持した象牙(生牙、磨牙、彫牙)又はタイマイ等の甲を取り扱う場合は、認定機関((財)自然環境研究センター)に登録し、登録票の交付を受ける必要があります。

※象牙製品の製造業・卸売業及びタイマイ等の製造業を行う場合は、経済産業省製造産業局紙業服飾品課へ事業者としての届出が必要となります。

【お問い合わせ先】
内閣府沖縄総合事務局 経済産業部 地域経済課
電話 098-866-1730