令和3年度「無人自動運転等の先進MaaS実装加速化推進事業(地域新MaaS創出推進事業)」に係る委託先の公募(企画競争)を開始します

公募概要

経済産業省・国土交通省は、これまで自動走行ビジネス検討会を通じた自動運転に関する実証プロジェクトや、協調領域の取組の他、スマートモビリティチャレンジや物流MaaSなど、自動運転等の社会実装段階も見据えた先進モビリティサービスの実証等に、関係省庁とも連携しながら取り組んできました。
自動運転等の先進モビリティサービスへの社会的な期待は高く、世界的な市場の立ち上がりも今後急速に見込まれることから、我が国の輸出産業の大きな柱でもある自動車産業の国際競争力を維持・強化するという観点からも、官民協調して、関連する取組全体を引き続き強力に押し進めることが重要であり、令和3年度においても、モビリティサービスの社会実装及び高度化の実現を目指した取組を継続して実施します。
なお、本事業は、スマートシティの全国での計画的な実装に向けた取組の一環であるスマートシティ関連事業の一事業として、関係府省庁と連携して実施するものです。

・ CSTI(内閣府サイトへ)
https://www8.cao.go.jp/cstp/stmain/r3_smartcity.html

事業内容

本事業では、地域において先駆的に取り組む新しいモビリティサービスの社会実装を促進するため、高度的かつ全国横断的な課題に挑戦する地域を後押し、先進的かつ持続的な事業モデルの創出に向けたMaaS実証を委託事業として実施します。
具体的には、公募提案による実証事業に加え、MaaS事業の全国的な社会実装の更なる加速化を推進していくため、実証事業を通じた事業計画の改善や、モビリティサービス実現に向けた課題の検討、地域における社会受容性の向上等の取組を想定しています。

対象者

募集要領中「4.応募資格」の要件を満たす法人 ※詳しくは「令和3年度「地域新MaaS創出推進事業」募集要領(PDF:622KB)」をご覧ください。

公募期間

  令和3年6月18日(金曜日)~令和3年7月19日(月曜日)15時まで

提出先、お問合せ先

当局管内の案件については、下記宛先のとおりです。

内閣府沖縄総合事務局 経済産業部 地域経済課
所在地:沖縄県那覇市おもろまち2-1―1(那覇第2地方合同庁舎2号館9階)
E-mail:MaaS-okinawa★meti.go.jp
(※★は@マークへ置き換えてください。)

このページに関するお問合せは

内閣府沖縄総合事務局 経済産業部 地域経済課
担当:前花、桑原 電話:098-866-0031