万国医療津梁協議会の設立について

平成23年6月28日
内閣府沖縄総合事務局

沖縄総合事務局経済産業部は、平成22年3月に取りまとめた「沖縄地域経済産業ビジョン-中間報告-」において、今後強化すべき産業分野として「沖縄ウェルネス産業」を位置づけ、同年11月、「沖縄ウェルネス産業研究会報告書(座長:国立大学法人琉球大学長 岩政 輝男)」により沖縄における国際医療交流のあり方等を示しました。同研究会報告書では、沖縄独自の国際医療交流として「万国医療津梁」という呼称を提案するとともに、達成すべき目標と具体的な施策を提示し、それを成し遂げるための推進機関の設置の必要性が提言されました。
この動向を受け、医療と観光が融合した新たな産業創出のため、当部は(財)沖縄観光コンベンションビューローに対して「平成23年度地域企業立地促進等事業費補助金(沖縄地域国際医療交流ネットワーク活動事業)」を交付しました。この補助事業の一環として、産医学官連携によるネットワーク活動の受け皿となる「万国医療津梁協議会」が平成23年6月20日に設立されましたのでお知らせします。

※「万国医療津梁」とは、沖縄における国際医療交流のことで、医療をもって世界(万国)の懸け橋(津梁)となる意を込めて、国内外からの医療サービス・人材育成等への要望に応え、国際貢献に資する新たな産業展開のこと。

【問い合わせ先】
沖縄総合事務局 経済産業部 企画振興課 太田、砂川、上間
TEL:098-866-1727
FAX:098-860-1375