ものづくり補助金等を活用した生産性向上!

1.国の支援制度紹介 ものづくり補助金について

  ものづくり補助金とは、中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善・事業者間のデータ共有利活用のための設備投資等を支援するものです。

ものづくり補助金 制度概要

ものづくり補助金活用事例(ロボット導入等)

(参考)沖縄の中小企業におけるIT活用事例

 

2.ロボットシステム導入加速に向けた連携主体リスト

 中小企業が抱える様々な経営課題を解決するためには、IT導入促進のみならず、製造ラインの改善などを行う必要があります。ロボット等導入による生産性向上を図るためには、地域の中小企業の実情を把握し設備投資に対し融資を行う金融機関、現状分析・課題抽出等のカイゼン対応策のサポートを行うコンサルタント、ロボット等の導入を行うロボットシステムインテグレータの相互連携が重要となります。

 これらの地域内プレイヤーを見える化することにより、中小企業へのロボット等の導入促進を目的とした「ロボットシステム導入加速に向けた連携主体リスト」を作成しました。

※沖縄に営業拠点を構え、ロボット導入に取り組む企業を募集!

ロボットシステム導入加速に向けた連携主体リスト

 

3.ITコーディネータ沖縄と金融機関4行の連携協定

 ITコーディネータ沖縄と金融機関4行(沖縄銀行、琉球銀行、沖縄海邦銀行、コザ信用金庫)は、「働き方改革・生産性向上推進運動」の一環として、連携協定を締結しました。

 これにより情報技術に専門的な知見を有するITコーディネータ(ITC)を各金融機関のお取引先企業へ紹介し、適切な解決策を提案する支援スキームを構築します。

ITコーディネータ沖縄と金融機関4行の連携協定

 

 

【問い合わせ先】

内閣府 沖縄総合事務局 経済産業部 地域経済課

那覇市おもろまち2-1-1 那覇第二地方合同庁舎2号館9

TEL098-866-1730 FAX098-860-1375