農林水産部

事務局トップ > 農林水産部 > 基本政策 > 今般の施策の見直し(4つの改革)

今般の施策の見直し(4つの改革)

 我が国の農業・農村の現場を取り巻く状況は、農業労働力の減少と高齢化の進行、耕作放棄地の増大、集落機能の低下など課題が山積しています。
 このため、農林水産省では、こうした状況を克服し、農業・農村が将来にわたって活力の源となり、持続的に発展するためのツールとして、農地中間管理機構の創設、経営所得安定対策の見直し、水田フル活用と米政策の見直し、日本型直接支払制度の創設のいわゆる「4つの改革」を展開していくところです。

今般の施策の見直し(4つの改革)(農林水産省HP)

●今般の施策の見直しに関する沖縄県説明会

 沖縄総合事務局農林水産部では、平成26年2月5日に、「4つの改革」について、地方公共団体や関係団体等の関係者を対象に、「今般の施策の見直しに関する沖縄県説明会」を開催しました。

 

 このページのトップへ戻る