環境保全型農業等

環境保全型農業とは?

 『農業の持つ物質循環機能を生かし、生産性との調和に留意しつつ、土づくり等を通じて化学肥料、農薬の使用等による環境負荷の軽減に配慮した持続的な農業』を環境保全型農業といいます。

 農産物の供給機能及び農業の持つ多面的機能の発揮のため農業の持続的発展が求められており、望ましい農業構造を確立することと併せ、農業に本来備わっている自然循環機能の維持増進により、環境と調和のとれた農業生産の確保を図ることが重要です。

1.環境保全型農業直接支払交付金

 化学肥料・化学合成農薬の5割低減の取組とセットで、地球温暖化防止や生物多様性保全に効果の高い営農活動に取り組む場合に支援を行います。

2.環境保全型農業推進コンクール

 国は、有機農業をはじめとする環境保全型農業の推進を行っています。こうした中で、意欲的に環境保全型農業に取り組むことを通じて地域社会の発展に貢献している農業者等の表彰を行い、その成果を広く紹介することにより、国民の農業と環境保全に対する理解、地域活性化につながる環境保全型農業の面的拡大の推進を図るため、「環境保全型農業推進コンクール」を実施しています。

3.エコファーマー(環境に優しい農業)について

エコファーマとは?

 「持続性の高い農業生産方式の導入の促進に関する法律」(持続農業法)に基づき、農業者が策定する持続性の高い農業生産方式に関する「導入計画」を都道府県知事が認定し支援することによって、環境と調和の取れた農業を推進するもので、この持続農業法に基づき認定された農業者を「エコファーマー」と呼んでいます。

エコファーマになるには?

① 「土づくり」「化学肥料低減」「化学合成農薬低減」の3つの技術を一体的に導入する計画を作りましょう。
② 作成した導入計画を県に申請しましょう。
③ 県知事の認定を受ければあなたもエコファーマーです。

持続性の高い農業生産方式とは

  • たい肥その他の有機質資材の施用に関する技術であって、土壌の性質を改善する効果が高い技術(たい肥等有機物資材による土づくり )
  • 肥料の施用に関する技術であって、化学的に合成された肥料の施用を減少させる効果が高い技術(化学肥料低減)
  • 有害動植物の防除に関する技術であって、化学的に合成された農薬の使用を減少させる効果が高い技術(化学合成農薬低減)3つの技術を一体的に行う生産方式を持続性の高い農業生産方式といいます。

 エコファーマーが導入計画に基づいて生産した農産物に添付することができるシール沖縄県で認定を受け、県知事に届け出ることにより、包装容器、箱等に表示することができます。

4.農業環境規範

 環境問題に対する国民の関心が高まる中で、農業生産全体の在り方を環境保全を重視したものに転換していくため、「環境と調和のとれた農業生産活動規範( 農業環境規範 )」が策定されました。農業環境規範は、環境と調和した農業生産活動を行っていく上での基本的なポイントを整理したもので、農業者のみなさんがその取組について実行状況を自己点検するために用いるものです。日頃の生産活動について自ら評価し、必要に応じ改善・見直しを図ることによって環境保全のみならず健全な農業経営にも役立ちます。

5.有機農業

 平成18年12月に制定された「有機農業の推進に関する法律」に基づき、平成26年4月に新たな「有機農業の推進に関する基本的な方針」(基本方針)を公表しました。本基本方針は、有機農業に関する技術の開発・普及、研修教育の充実、消費者の理解と関心の増進等、農業者が有機農業に取り組むに当たっての条件整備に重点を置いて定めており、今後、有機農業者やその他の関係者の協力を得つつ、地方公共団体とも連携して施策を推進していくこととしています。

 この法律における「有機農業」とは、化学的に合成された肥料及び農薬を使用しないこと並びに遺伝子組換え技術を利用しないことを基本として、農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した農業生産の方法を用いて行われる農業をいいます。

6.GAP(農業生産行程管理 Good Agricultural Practice)

 環境の保全のみならず、農産物の安全性の確保、品質の向上、労働安全の確保等の観点から農業者自ら農作業の点検項目を決定し、記録、点検、評価し、改善点を次回の作付けに活用するという一連の管理手法を農業生産工程管理手法(GAP)といいます。

お問い合わせ先
農林水産部生産振興課 代表:098-866-0031
環境保全型農業振興専門官(内線:83373)
特産振興係(内線:83374)