農林水産部

事業評価

事業評価[国営事業]

 農業農村整備事業について、その効率性及び透明性の一層の向上を図る観点から、個々の事業(地区)ごとに事前、期中、完了後に評価・検証を行っています。

(1)事前評価

  ・土地改良法に基づき、事業の必要性、技術的可能性、経済性、農家の負担能力及び環境との調和へ

   の配慮の観点から事業を評価

  ・費用対効果分析その他の手法により、定量的、定性的に示された分析結果を踏まえて、総合的・客

   観的に評価

  ・事業採択にあたっての評価項目を明確化したチェックリストを作成し、評価結果を公表

   (平成12年度以降)

(2)期中の評価(再評価)

  ・事業着手後10年経過後、その後は5年ごとに実施

  ・評価結果に基づき、必要に応じて計画の変更を行う他、必要性の乏しい事業は中止を決定

  ・評価の内容は、事業の進捗、社会経済情勢の変化、費用対効果分析の基礎となる要因の変化等

   (平成15年度から費用対効果の評価を試行)

(3)完了後の評価(事後評価)

  ・完了後概ね5年を経過した事業について実施

  ・事業完了地区のフォローアップ、事業評価の手法の改良、事業計画、事業管理手法の改良に評価結

   果を活用

  ・評価の内容は、事業効果の発現状況、施設の管理状況、社会経済情勢の変化等

   (平成15年度から費用対効果の評価を試行)

 

 ※ 事前・事後評価は総事業費10億円以上を対象

 

事業評価[補助事業]

 農林水産省では、農業農村整備事業等の効率的な執行及び事業実施過程の透明性の一層の向上を図るため、国の補助金の交付を受けている事業(補助事業)について、事業採択後一定期間ごとに行う期中の評価(再評価)、事業完了後一定期間経過後に行う完了後の評価(事後評価)を実施しています。

(1)期中の評価(再評価)

  ・事業着手後10年経過後、その他は5年ごとに実施

  ・評価結果に基づき、必要に応じて計画の変更を行う他、必要性の乏しい事業は中止を決定

  ・評価の内容は、事業の進捗、社会経済情勢の変化、費用対効果分析の基礎となる要因の変化等

  ・評価に当たっては、客観性の確保及び多様な意見を反映させるとともに、評価手法の向上を図るた

   め、専門的知識を有する学識経験者等からなる技術検討会を設置し、再評価の内容について意見を

   聴取

(2)完了後の評価(事後評価)

  ・完了後概ね5年を経過した事業について実施

  ・事業完了地区のフォローアップ、事業評価の手法の改良、事業計画、事業管理手法の改良に評価結

   果を活用

  ・評価の内容は、事業効果の発現状況、施設の管理状況、社会経済情勢の変化等

  ・評価に当たっては、客観性の確保及び多様な意見を反映させるとともに、評価手法の向上を図るた

   め、専門的知識を有する学識経験者等からなる技術検討会を設置し、事後評価の内容について意見

   を聴取

 

 ※ 事後評価は総事業費10億円以上を対象

 

農業農村整備事業等の事業評価体系

 

 

<お問い合わせ先>

 内閣府沖縄総合事務局農林水産部農村振興課

 T E L :098-866-1652

 F A X :098-860-1194

 このページのトップへ戻る