農林水産部

地産地消推進計画

 「地産地消」とは、「地域生産・地域消費」を略した言葉で、「地域で生産されたものをその地域で消費する」という意味です。
新たな食料・農業・農村基本計画では、地域の消費者ニーズに応じた農業生産と、生産された農産物を地域で消費しようとする活動を通じて生産者と消費者を結びつける重要な取組と位置付けております。
 地産地消の取組は、消費者と生産者との「顔が見え、話ができる」関係の構築、国民全体で生産と消費の関わりや伝統的な食文化等の食や農についての認識を深める機会の提供、地域農業と関連産業の活性化などの効果が期待されます。

市町村における地産地消の実践的な策定について

沖縄における地産地消推進計画の策定状況

 このページのトップへ戻る