運輸部

事務局トップ > 運輸部 > 出前講座

出前講座

出前講座の実施について

 沖縄総合事務局運輸部では、皆様に身近なモノレール、バス、フェリー、貨物船などの運輸の安全や国民の生活を支える物流、又、意外かも知れませんが観光に関する施策などを展開しています。
 わたしたちの行政を幅広く知っていただき、もっと身近に感じていただくため、皆様の所に出向き、お話させていただく出前講座を始めました。

申し込み方法

 まずは「出前講座一覧」をご覧になった上でお電話下さい。担当者が出前講座の内容をご説明いたします。その際、希望等がありましたらお申し出下さい。その後、日程・開催場所等を調整して講座を実施することになります。

対象

 公共性・公益性のある団体・機関等(地方公共団体、公益法人、学校法人、市民団体等)が主催する講演等を対象としています。ただし、政治、宗教、営利を目的として講演を主催する場合や、過去に違法行為を行った団体が主催する講演等については、対象外とさせていただいています。また、講義テーマごとに対象年齢や地域の指定等ございますので、あらかじめご相談ください。

開催時間

 平日(土・日・祝日を除きます)の10:00〜16:00
 ただし、具体的な開催場所、時間等につきましてはご相談下さい。

費用

 講議料は無料です。講義場所の会場費、施設見学等で必要な受講生の傷害保険料等については、申込者にご負担いただきます。 又、講師の旅費(交通費・宿泊費など)については、国家公務員等の旅費支給規程に基づいてご負担して頂く場合もありますので、あらかじめご相談ください。

ご利用の留意点

 出前講座の内容によっては、お申し込み後、業務上の理由等でお申し出をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承下さい。また、苦情や要望、陳情をお伺いする場ではございませんので、趣旨をご理解のうえお申し込みください。

出前講座一覧

運輸部ってな〜に! :総務運航課
・沖縄総合事務局運輸部の組織とその業務について説明します。

公共交通セミナー :企画室
・地域公共交通に活用できる法律・支援制度や、取組事例についてご説明します。

交通エコロジー教室 :企画室
・公共交通や環境問題等に対する理解を深め、公共交通の利用を促進するための意識醸成を図ります。

エコ通勤しませんか :企画室
・通勤手段をマイカーから環境負荷の少ない公共交通、自転車、徒歩などへ転換し、地球温暖化防止、渋滞緩和、地域の活性化などの取り組みを説明します。

バリアフリー基本構想セミナー :企画室
・高齢者、障がい者等が生活上利用する旅客施設、建物などを含む地区において、重点的かつ一体的なバリアフリー化を進めるための基本構想の作成方法等をわかりやすく解説します。

バリアフリー教室 :企画室
・高齢者や障がい者等の疑似・介助体験等を行うことにより、「心のバリアフリー」の大切さを学び、バリアフリーについての理解を深めます。

運輸の安全を守っていくためには :企画室
・バス、船、鉄道等の乗り物の安全をどうやって確保しているのか、どのようなことに取り組んでいるのかを説明します。

ようこそ!日本へ :企画室
・多くの外国人観光客に日本に来ていただき、日本をよく知ってもらおう。

観光による地域振興とは :企画室
・観光振興の取り組みや旅行業行政について、わかりやすく説明します。

バスの乗り方教室 :陸上交通課
・バスの乗車体験を通じ、バスの様々な疑問を解決し、新たな魅力を再発見します。

モノレールの仕組み体験教室 :陸上交通課
・モノレールの仕組みや、実際に乗車することにより、モノレールの仕事について学びます。

船のことを知ろう :総務運航課
・いろいろなタイプの旅客船・フェリー・貨物船を紹介し、私たちの生活に直結した船の魅力をお伝えします。

港の使命と役割 :総務運航課
・港湾運送は海上輸送と陸上輸送との物流の結節点において重要な役割を果たしています。港湾運送事業の円滑、概要及び現状等について、説明します。

目指せ船員!体験学習 :船舶船員課
・内航海運の役割と重要性を紹介するとともに、船を動かす船員の仕事について学びます。

船の作り方 :船舶船員課
・造船所の仕事について「船ができるまで」をわかりやすくご紹介します。

船舶による油濁問題 :船舶船員課
・外国籍の放置座礁船問題や、船舶から流出する油濁損害の賠償保険の加入義務について説明します。

「海運の役割と船の話(船で働く人たち)」 小学生中高学年・中学生・高校生対象 : 海技試験官
・船が私たちの暮らしと産業をどのように支えているかを伝えます。また、船員の仕事や生活に関することなどについて船員経験者が説明し、必要な物資が船でどのように運ばれるかを伝えます。

 このページのトップへ戻る