運輸部

事務局トップ > 運輸部 > 物流 > グリーン物流の推進

グリーン物流の推進

沖縄地方グリーン物流パートナーシップ推進協議会

平成17年2月16日、地球温暖化の防止に向けたCO2等の温室効果ガスの排出量削減についての国際約束等を定めた京都議定書が発効しましたが、運輸部門における現状のCO2排出量は削減目標との間にまだ隔たりがあり、実効ある温暖化対策が急務となっています。
物流分野の温暖化対策は、荷主、物流事業者それぞれの単独による取 り組みだけでなく、それぞれが互いに知恵を出し合い連携・協働すること(パートナーシップ)による、物流システムの改善に向けた先進的で産業横断的な取り組みが必要です。
  沖縄総合事務局では、環境負荷の小さい物流体系の構築「物流のグリーン化」に向けた荷主と物流事業者の協働によるそうした取り組みを支援し、普及・拡大を促進することを目的として、物流関係団体、荷主関係団体及び行政機関等関係者により、平成18年2月に「沖縄地方グリーン物流パートナーシップ推進協議会」を設置し、環境負荷の小さい物流体系の構築を推進しています。

規約・委員名簿

開催状況

  • 第1回沖縄地方グリーン物流パートナーシップ推進協議会
  • 第2回沖縄地方グリーン物流パートナーシップ推進協議会

 このページのトップへ戻る