内閣府 沖縄総合事務局 - 令和4年度産業標準化事業功労者に対する沖縄総合事務局長表彰の受賞者について

令和4年度産業標準化事業功労者に対する沖縄総合事務局長表彰の受賞者について

 沖縄総合事務局では、昭和61年度から、我が国の産業標準化の推進及び普及に寄与し、管内においてその功績が特に顕著であると認められる者に対して沖縄総合事務局長表彰を授与しており、これまで27名の功労者が受賞されております。
今年度は、久貝 和広 氏(株式会社大米建設 宮古本店 生コン砕石部長)、仲松 庸一郎 氏(拓南製作所株式会社 専務取締役)の2名の功績が認められたことから以下の通り表彰式を開催しました。

令和4年度産業標準化事業功労者に対する沖縄総合事務局長表彰受賞者

概要

1.日 時:令和4年11月25日(金)13:30~14:00
2.場 所:内閣府沖縄総合事務局10階 経済産業部会議室
      (那覇市おもろまち2-1-1 那覇第2地方合同庁舎2号館10階)
3.受賞者:久貝 和広(くがい かずひろ)氏
      (株式会社大米建設 宮古本店 生コン砕石部長)
      仲松 庸一郎(なかまつ よういちろう)氏
      (拓南製作所株式会社 専務取締役)

【功績】
久貝 和広(くがい かずひろ)氏は、株式会社大米建設において生コンクリート製造工場の品質管理責任者となって以降、現職の宮古本店生コン砕石部長に至るまでの間、長年にわたり標準化や品質管理、人材育成に取り組んでこられました。鉄鉱石から鉄を製造する際に副産物として生産される高炉スラグの微粉末を活用する「高炉スラグコンクリート」の標準化を含め、伊良部大橋建設事業を始めとして、宮古島圏域における様々な建設事業・地域振興に貢献されました。

仲松 庸一郎(なかまつ よういちろう)氏は、拓南製鐵株式会社において製鉄工場の品質管理責任者となって以降、現職の拓南製作所株式会社(旧沖縄ガルバ株式会社)専務取締役に至るまでの間、長年にわたり標準化や品質管理、人材育成に取り組んでこられました。鉄線や溶接金網、溶融亜鉛めっきの品質管理責任者として、沖縄県特有の塩害から構造物を守ることを使命とし、産業標準化の普及に多大な貢献をされました。

問い合わせ先

〒900―0006
沖縄県那覇市おもろまち2-1-1
那覇第2地方合同庁舎2号館
内閣府沖縄総合事務局 経済産業部 地域経済課
番号:098-866-173